船員手帳健診

Print Friendly, PDF & Email

案内
■案内時間
9:30~10:00頃

■金額
34歳以下…¥5,400 | 35歳以上…¥10,800

■受診者への注意事項
・船員手帳と検便キットを必ず持参して下さい。
・眼鏡やコンタクトがある者は必ず持参して下さい。(視力検査の基準値があるため)
・食事は前日21時頃に済ませて下さい。

予約後、案内書類は自宅・指定住所に送付致しますので、再度ご連絡入れます。

TEL:0980-83-5507健診センター専用ダイヤル  FAX:0980-82-6704健診センターファックス

船員の健康証明書制度について
船員法第83条の規定により、船舶所有者は、国土交通大臣の指定する医師(指定医)が船内労働に適することを証明した健康証明書を持たない者を船舶に乗り組ませてはならないこととなっており、船員の方は、所定の健康検査(船員法施行規則第55条)を受け、当該検査の結果に基づき、国土交通大臣が指定する医師により健康検査合格標準表(船員法施行規則第2号表)に合格した旨の判定(検査を受けてから3ヶ月以内のものに限る。)を受けなければ、船員として就労することができません。

船員の健康証明書の検査項目

(1)毎回実施するもの
① 感覚器、循環器、呼吸器、消化器、神経系その他の器官の臨床医学的検査
② 運動機能、視力、色覚、聴力及び握力の検査
③ 身長、体重、腹囲、肺活量及び血圧の検査
④ 胸部エックス線検査
直接撮影又はミラーカメラを用いて行う間接撮影によること。
検査時前6月以内に船員労働安全衛生規則第32条第2項による検査(国土交通大臣の指定する衛生上有害な物を常時運送する船舶に乗り組んでいる者の6月毎に行う検査)を受けている場合は、検査しなくても良い。

⑤ かくたん検査
⑥ 検便(虫卵の有無の検査)
調理作業に従事する者に限ること。調理作業に従事する者とは専ら調理を行うために雇入れられた者をいうが、直接、調理作業に従事する者以外の司ちゅう員等の供食関係者についても、できるだけ受けさせること。

⑦ 検尿(蛋白及び糖の有無の検査)
(2)35歳以上の者に対し毎回実施するもの

① 検便(ヘモグロビンの有無の検査)
② 血糖検査
③ 心電図検査
④ 血中脂質検査(LDLコレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール)
⑤ 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
(3)医師が必要がないと認める場合に省略できるもの
以下の検査項目については、医師の判断によって省略することができる。

① 身長
25歳以上の者(ただし、省略した場合であっても船員手帳の再交付及び書換えを受けた後の最初の検査の際は、必ず前回の記録を転記すること。)に限る。

② かくたん検査
③ 検便(虫卵の有無の検査)
調理作業に従事する者以外の者