放射線科 紹介



放射線科
当院放射線科は、診療放射線技師2名体制です。
夜間休日はオンコール体制にて対応させていただいています。
設置機器:一般撮影装置・CT装置・MRI装置・X線透視装置・血管造影装置

CT(コンピューター断層装置)
当院のCT装置は SEMENS社製の64列装置を使用しています。
検査時間の短縮に加え、患者様の被爆低減に優れた装置です。
画像処理用のワークステーションを併設し、冠動脈検査・大腸検査にも対応可能なシステムを構築しています。


MRI (磁気共鳴画像診断装置)
当院のMRI装置は シーメンスヘルスケア社製の1.5テスラ装置を使用しています。
X線を使用しないで磁気とRF波を使用し画像を得ることが出来ます。
強力な磁力を発生している装置ですので、心臓ペースメーカーを装着されている方や骨折等の治療のために
体内に金属を埋め込んでいる方等、検査に制限が発生する場合があります。

一般撮影
胸部や腹部、骨の撮影をする装置です。
X線透視装置
連続的にX線を出して、画面でリアルタイムに確認しながら検査をします。胃のバリウム検査等で使用します。

血管造影装置
血管にカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、目的の部位まで進め血管を調べる装置です。
当院では、木曜日の午後に心臓カテーテル検査を行っています。 グループ病院との間でネットワークを構築し遠隔画像診断を行っています。
※当院へ紹介する場合は、下記のエクセルデータより、診療情報提供書をダウンロードして下さい。

診療情報提供書ページはコチラから